伊勢神宮 パワースポット 効果

伊勢神宮 パワースポット 効果

 

 

 

 

日本の昼を守るのが伊勢神宮。

 

夜を守るのは、出雲の日御碕神社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お伊勢参りの後は、伊勢うどんを食べるのがおすすめ。

 

 

 

伊勢うどんに入っている卵は「五黄」をあらわし、たまりは「土星」をあらわす。

 

 

 

「五黄土星」は、帝王の器。周囲に大きな影響力をもちつつ、他人を思いやる気持ちも持っている。

 

 

 

それだけパワーの大きな食べ物が伊勢うどん。

 

 

 

パワーが大きすぎて、周りに悪影響を与える可能性もあるので、伊勢神宮を参って身を清めた後に食べるのがおすすめ。

 

 

 

 

「おかげ横丁」では、他にも食べたいものいっぱい。

 

 

 

てこね寿し

 

 

 

夏は「赤福氷」 、  冬は「赤福ぜんざい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<伊勢神宮の周囲にも有名なパワースポットがいっぱい>

 

 

 

夫婦岩で有名な二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)。 恋愛を期待するなら。

 

「無垢塩祓い(むくえんばらい)」というお祓いが受けられる。

 

2つの夫婦岩から昇る朝日は大きなパワーを感じさせてくれる。

 

 

 

『月読宮(つきよみのみや)』

 

 

 

『猿田比彦神社(さるたひこじんじゃ)』  みちひらきの神様